トップ > 葬儀の心得

心得

はじめて家族の葬儀を執り行わなければいけなくなった時、何をすればよいのか迷われる事だらけです。 亡くなられた方への悲しみを抱え、最後の時を後悔しない為に、葬儀の心得をご案内します。
また、葬儀に初めて参列する方も、しきたりや作法は覚えておくと役に立ちます。 今すぐ下の項目から気になる事、お知りになりたい事をどうぞお選びください。

葬儀のマナー

通夜・告別式での服装
………通夜の服装は、急いで駆けつけるという意味もあり、参列される方の略礼服は失礼にはなりません…(続きを読む)
仏式(数珠・焼香)
………通夜では、僧侶の読経中に焼香するケースが多く見られます。焼香には立礼の焼香と…(続きを読む)
神式(玉串奉奠)
………神事で行う「玉串奉奠」は、仏式の焼香にあたるものになります。玉串奉奠とは、玉串と呼ばれる榊の小枝に紙垂(しで)を…(続きを読む)
キリスト教(献花)
………キリスト教式による通夜や葬儀では献花が行われます。このしきたりは本来キリスト教の儀礼には…(続きを読む)
香典
………香典は葬儀に出席する際に、香典袋に入れて持参します。通夜と葬儀の両方に出席する場合には…(続きを読む)
弔辞
………弔辞は故人への呼びかけから始まり、冥福を祈って終わります…(続きを読む)

葬儀の流れ

臨終から納骨まで
………「臨終」とは「死に臨む」ということですから、広い意味では終末期の介護を含む言葉です。近年、病院などで亡くなる人が…(続きを読む)
神葬祭の流れ
………葬場祭は死のけがれを清め、故人の霊を慰め、死者を命として崇め、先祖の神々とともに…(続きを読む)

葬儀後の心得と知識

葬儀後のスケジュール
………挨拶回り(式後2~3日の間に)隣近所への挨拶。お世話になった方への挨拶…(続きを読む)
埋葬料・葬祭費
………健康保険証の被保険者や被扶養者が亡くなったとき、国民健康保険は市町村役場…(続きを読む)

ページの先頭へ戻る